レトロなきろく

R88 - 古いものいろいろ 『古道具 古家具 昭和レトロのお店』のブログの別館です

FDC ひなまつり 初日カバー その2 中京風景印

f:id:myr88:20180716225914j:plain

季節の行事 ひなまつり 昭和37年(1962年)3月3日発行

中京風景印

印刷局凸版

 

 

あまりの暑さにぐったり中。

季節の違いがちょっと気になりますが、すみません。

ひなまつりのカバー、続きます。

今回は印刷局凸版のものです。

 

カシェは朱色の単色カバー。

f:id:myr88:20180716230119j:plain

女の子が雛人形を飾る所でしょうか、

ある意味切手の図案に通じる雰囲気です。

 

今回の説明文によると

3月3日にひなを祭るというしきたりは、寛永6年(1629年)に

明正天皇ご即位にちなみ国母東福門院によって始められたそうで

京都御所の紫宸殿における祭事に摸した飾りつけだそうです。

 

切手と消印は同じなので省略です。

説明文はこちらです。

f:id:myr88:20180716230128j:plain

 

 

 

こちらもよかったらまたクリックで応援してください!

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ
 

 

 

R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は

こちf:id:myr88:20170418010759g:plain古道具 古家具 昭和レトロのお店

 

ネットショップのおすすめカテゴリーは

f:id:myr88:20170418010759g:plain昭和レトロ,昭和レトロ生活

 

ついでに

この別館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

本館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

北海道 昆布温泉郵便局 古い風景印

f:id:myr88:20180711155951j:plain

昭和40年(1965年)2月14日押印(最終日) 『後志 昆布温泉

 

先日の昆布郵便局と同じ図の風景印がありました。

使用開始日はこちらも同じで昭和25年(1950年)11月1日。

図案はニセコ連峰と白樺林。

昭和40年(1965年)2月15日からは同じ図で「北海道 昆布温泉」の表示の

風景印になりました。

 

 

この昆布温泉郵便局は平成6年(1994年)6月25日で廃局です。

風景印は平成6年(1994年)6月24日が最終日でした。

6月27日から同じところで昆布温泉簡易郵便局が開設されたそうですが

平成8年(1996年)3月4日に北海道磯谷郡蘭越町湯里415、

お隣の番地にですが、移転されたそうです。

その昆布温泉簡易郵便局平成27年(2015年)1月19日から一時閉鎖になりました。

公示は2月3日とあとになってからだったようです。

 

 

昆布温泉郵便局(廃局)

〒048-1321

北海道磯谷郡蘭越町湯里414

 

こちらもよかったらまたクリックで応援してください!

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ
 

 

 

R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は

こちf:id:myr88:20170418010759g:plain古道具 古家具 昭和レトロのお店

 

ネットショップのおすすめカテゴリーは

f:id:myr88:20170418010759g:plain昭和レトロ,昭和レトロ生活

 

ついでに

この別館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

本館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

FDC ひなまつり 初日カバー その1 中京風景印

f:id:myr88:20180710220458j:plain

年中行事シリーズ ひなまつり 昭和37年(1962年)3月3日発行

中京風景印

NCC

 

ちょっと季節がズレちゃっていますが、

年中行事シリーズ切手の第1集、ひなまつりの初日カバー。

季節の行事切手ともいうのかな。

 

この初日カバーの説明文ではひなまつりは

平安時代に貴族の間で行われていた「流しびな」と

一般のひな遊びが結び付き、人形制作の進歩と共に

次第に現在のような3月の中心行事になったもの

と書かれています。

 

今回はカラーのカシェのNCC版です。

f:id:myr88:20180710220507j:plain

お雛様とぼんぼりが可愛らしいですね。

 

 

切手と消印はこちら。

f:id:myr88:20180710220517j:plain

切手は10円のひなまつりの特殊切手。

図案は内裏雛を飾る少女で原画は大塚均氏。

消印は京都の中京郵便局の風景印。

図案は京都御所紫宸殿です。

使用開始日は昭和31年(1956年)1月15日で

最終日は昭和52年(1977年)6月30日でした。

中京郵便局は結構ちょこちょこ風景印が変わっているようですね。

 

 

説明文はこちらです。

f:id:myr88:20180710221011j:plain

 

 

中京郵便局(なかぎょうゆうびんきょく)

〒604-8799

京都府京都市中京区三条通東洞院東入菱屋町30

 

 

こちらもよかったらまたクリックで応援してください!

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ
 

 

 

R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は

こちf:id:myr88:20170418010759g:plain古道具 古家具 昭和レトロのお店

 

ネットショップのおすすめカテゴリーは

f:id:myr88:20170418010759g:plain昭和レトロ,昭和レトロ生活

 

ついでに

この別館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

本館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

北海道 昆布郵便局 古い風景印

f:id:myr88:20180707221203j:plain

昭和40年(1965年)2月14日押印(最終日) 『後志 昆布』

 

北海道が続きますが、今回は昆布郵便局。

旧国名の最終日です。

使用開始日は昭和25年(1950年)11月1日。

図案はニセコ連峰と白樺林。

ニセコ連峰は火山群。

温泉もいっぱいですね。

この翌日から図は同じで「北海道 昆布」の表示になりました。

そちらは現在も使われている継続印です。

 

この風景印が表示改正された昭和40年(1965年)2月15日は

ニセコ積丹小樽海岸国定公園の切手が発行された日になります。

その時の対応印が昆布郵便局の風景印だそうです。

 

ちなみにニセコ積丹小樽海岸国定公園の切手はこちら。

f:id:myr88:20180707230919j:plain

多分初日カバーもあると思いますが

ファイルが違うのでまだ出てきません。

また出てきたらご紹介しますね。

 

 

昆布郵便局(こんぶゆびんきょく)

〒048-1302

北海道磯谷郡蘭越町昆布町134-3

 

こちらもよかったらまたクリックで応援してください!

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ
 

 

 

R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は

こちf:id:myr88:20170418010759g:plain古道具 古家具 昭和レトロのお店

 

ネットショップのおすすめカテゴリーは

f:id:myr88:20170418010759g:plain昭和レトロ,昭和レトロ生活

 

ついでに

この別館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

本館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

FDC 通常切手 なんてん 初日カバー その3 山口 川上風景印 櫛型印

f:id:myr88:20180705002356j:plain

通常切手「なんてん」発行記念 昭和37年(1962年)2月20日発行 

山口 川上風景印

山口 川上櫛型印

松屋版(中村浪静堂)

カバー画:長谷部日出男氏

 

6円のなんてんの普通切手の初日カバーの松屋版、

中村浪静堂の木版カバーです。

こちらのカシェは「なんてんと小鳥」。

f:id:myr88:20180705002413j:plain

可愛らしいカシェですね。

 

松屋はもう1種類、なんてんだけが描かれているカバーもありますが

うちに来た中にはありませんでした。

 

切手と消印は前回と同じなので省略です。

 

 

なんてんはメギ科ナンテン属の常緑樹。

ものすごく大きくなる木ではありませんが、

まれに太く育つこともあるそうで

幹を床材として使うこともあるそうです。

最初にご紹介の初日カバーで柴又帝釈天がありました。

あちらの風景印でもっときちんと書けばよかったのですが

柴又帝釈天では大客殿の床材で使われています。

金閣寺の茶室でも使われているそうです。

音が「難を転ずる」に通じることから縁起の良い木というのも

よく知られていると思います。

庭木としてもよく植えられていますが

花言葉が「私の愛は増すばかり」や「良い家庭」だそうです。

花言葉まで庭木にいい感じですね。

 

 

説明文はこちら。

f:id:myr88:20180705002432j:plain

 

 

 

こちらもよかったらまたクリックで応援してください!

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ
 

 

 

R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は

こちf:id:myr88:20170418010759g:plain古道具 古家具 昭和レトロのお店

 

ネットショップのおすすめカテゴリーは

f:id:myr88:20170418010759g:plain昭和レトロ,昭和レトロ生活

 

ついでに

この別館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

本館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

北海道 広尾郵便局 古い風景印

f:id:myr88:20180704223827j:plain

昭和40年(1965年)2月14日押印(最終日) 『十勝 広尾』

 

 

今回も北海道。

旧国名の最終日の方だけでしたが、

こちらは昭和31年(1956年)5月10日から使われていた風景印。

図案の詳細は見つけられなかったのですが、

広尾港(現:十勝港)と魚介類と漁の道具などなんでしょうか。

この翌日の2月15日から図は同じで「北海道 広尾」に表示だけ変わっています。

昭和63年(1988年)7月1日からまた違う図案の風景印に変っていて

それが現在も使われています。

全然違う図ですが、十勝港と魚介類と漁船です。

 

十勝港は重要港湾ですが、

商業港では日本で唯一、町が管理する港だそうです。

現在は十勝港ですが、昭和40年まで名称が広尾港だったそうです。

 

 

 

広尾郵便局(ひろおゆうびんきょく)

〒089-2699

北海道広尾郡広尾町東一条13-14

 

 

こちらもよかったらまたクリックで応援してください!

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ
 

 

 

R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は

こちf:id:myr88:20170418010759g:plain古道具 古家具 昭和レトロのお店

 

ネットショップのおすすめカテゴリーは

f:id:myr88:20170418010759g:plain昭和レトロ,昭和レトロ生活

 

ついでに

この別館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

本館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

 

FDC 普通切手 なんてん 初日カバー その2 山口 川上風景印 櫛型印

f:id:myr88:20180629120237j:plain

6円普通切手なんてん発行記念 昭和37年(1962年)2月20日発行 

山口 川上風景印

山口 川上櫛型印

JPS

 

なんてんの6円切手の初日カバーの2種類目はJPS版です。

 なんてんだからでしょうか、赤い単色カシェも似合います。

f:id:myr88:20180629120259j:plain

 

 

切手と消印はこちら。 

f:id:myr88:20180629120314j:plain

切手は前と同じですが6円のなんてん。

原画は長谷部日出男氏。

消印は山口 川上の風景印と櫛型印。

この風景印の使用開始日はこの切手の発行日と同じです。

継続印で現在も同じ風景印です。

図案は長門峡ナンテンの実。

長門峡(ちょうもんきょう)は国と県の名勝および天然記念物に指定されている絶景で

四季を通じて色々な表情も見せてくれるそう。

図案にある吊り橋は紅葉橋ですかね。

なんてんの実も赤いですが、紅葉橋も赤いので

やはり赤がとってもポイントなんですね。

 

 

 

ところで、このなんてんの切手は第3次動植物国宝切手のひとつ。

第3次動植物国宝切手は昭和36年 (1961年)~40年(1965年)に発行されました。

昭和36年(1961年)6月1日の郵便料金の改定により必要になった額面の切手や

凸版印刷凹版印刷グラビア印刷に切り替えて発行したものだそうです。

 

 

説明文はこちら。

f:id:myr88:20180629120334j:plain

 

 川上郵便局(かわかみゆうびんきょく)

〒758-0141

山口県萩市川上5294-7

 

 

こちらもよかったらまたクリックで応援してください!

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ
 

 

 

R88のネットショップの商品紹介と古い物のご紹介のブログ本館は

こちf:id:myr88:20170418010759g:plain古道具 古家具 昭和レトロのお店

 

ネットショップのおすすめカテゴリーは

f:id:myr88:20170418010759g:plain昭和レトロ,昭和レトロ生活

 

ついでに

この別館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム

本館のf:id:myr88:20170418010759g:plainインスタグラム